患者様用ご相談メールフォーム

臨床症例

症例 1 受け口を治したい (RAMPA therapy、Biobloc therapy)
症例 2 : 下顎前歯部の叢生を治したい (Biobloc therapy)
症例 3 : いびき、無呼吸症、喘鳴 (Biobloc therapy)
症例 4 : 年々長くなってきている気がする顔貌の改善相談 (Biobloc therapy)

症例 1

初診
8歳2ヶ月 女児
主訴
受け口を治したい
治療に至った経緯
通常の矯正治療では無理と言われ、手術の必要性を指摘された
治療方法
RAMPA therapy、Biobloc therapy
【 8歳2ヶ月 】 【 12歳10ヶ月 】 【 15歳3ヶ月 】
case_photo case_photo case_photo
case_photo case_photo case_photo
【 8歳2ヶ月 】 【 13歳7ヶ月 】 【 15歳6ヶ月 】
case_photo case_photo case_photo

この患者はかなり重篤な受け口で、従来の考え方では残念ながら手術に頼るしか方法はありませんでした。治療にはBioblocだけではこのような症例は処置できず初期型のRAMPA装置とbiobloc装置の併用によって処置しました。通常は3年前後でかなりよい状態になりますが、このような症例では治療期間が延長されます。

▲ 症例項目に戻る

症例 2

初診
7歳11ヶ月 女児
主訴
下顎前歯部の叢生を治したい
治療に至った経緯
抜歯の必要性を指摘されたが、歯を抜くのが嫌で来院した
治療方法
Biobloc therapy
【 7歳11ヶ月 】 【 13歳 】
case_photo case_photo case_photo case_photo
case_photo case_photo case_photo case_photo
case_photo case_photo
case_photo case_photo case_photo case_photo
【 7歳11ヶ月 】 【 13歳 】
case_photo case_photo
case_photo case_photo

この患者の矯正治療は、中顔面の前方成長を促すことによって正常な歯列を獲得した。このような過蓋咬合の場合でも中顔面を前方に成長させることで、前歯部の叢生を改善することが可能になる。

▲ 症例項目に戻る

症例 3

初診
11歳 男児
主訴
いびき、無呼吸症、喘鳴
治療に至った経緯
母親は歯科衛生士で歯列不正を気にしていたが、抜歯矯正に踏み切れずに紹介によって来院
治療方法
Biobloc therapy
【 11歳 】 【 12歳3ヶ月 】 【 16歳2ヶ月 】 【 20歳2ヶ月 】
case_photo case_photo case_photo case_photo
case_photo case_photo case_photo case_photo
case_photo case_photo case_photo case_photo
case_photo case_photo case_photo case_photo
case_photo case_photo case_photo case_photo
【 11歳 】 【 11歳8ヶ月 】 【 20歳2ヶ月 】
case_photo case_photo case_photo

この患者のように年齢が10歳を超え永久歯列期になっているとBiobloc装置のみでは難しくなります。しかし気道の閉塞状態を考え治療に踏み切った症例でした。こういった症例は、本来RAMPA装置が必要になりますが、本人の負担を考えBiobloc装置のみで処置しました。前方成長の度合いはまだ足りませんが、初診時と比べて気道は拡大され歯列は正常になっています。

▲ 症例項目に戻る

症例 4

初診
10歳2ヶ月 男子
主訴
年々長くなってきている気がする顔貌の改善相談
治療に至った経緯
6歳ごろから下の前歯の永久歯が重なってきて、7歳ごろから側方拡大矯正をやってきたが、
だんだん顔貌が長くなってきたのが気になる。
治療方法
Biobloc therapy
【 10歳2ヶ月 】 7歳ごろから側方拡大矯正治療を受診した経緯あり。
case_photo case_photo case_photo
case_photo case_photo case_photo
case_photocase_photo
【 13歳2ヶ月 】
case_photo case_photo case_photo
case_photo case_photo case_photo
case_photocase_photo

歯並びだけで見れば従来通りの拡大矯正で改善することも多いですが、もっと視野を広く見ると全体的な顔貌まで改善することは困難なことが多いです。それは歯並びは良くなっても顔面骨格の成長方向までコントロールすることが困難だからです。この症例は通常の矯正処置で歯並びは昔より良くなりましたが、残念ながら顔面骨格の成長方向が下方に向かってしまい顔貌が悪くなってきましたので、顎顔面口腔育成の哲学・治療法に基づき、顔貌の改善をねらいました。

▲ 症例項目に戻る

PAGE TOP